English  簡体字  繁体字  繁体字  Français  English  

有田焼 人間国宝十三代酒井田柿右衛門造 錦柘榴梅菊文皿5客

有田焼 人間国宝十三代酒井田柿右衛門造 錦柘榴梅菊文皿5客 SALE!!
商品番号:3084207
価格:  11月15日~11月25日まで 30%OFF
42,000円
(税込 45,360円)

60,000円
(税込 64,800円)
残り数量: 1


詳細写真(画像にカーソルをあわせていただくと拡大画面の写真が切り替わります)


国内発送の方はこちらから!(下のリンクを使ってください)

閉じる
  有田焼 人間国宝十三代酒井田柿右衛門造 錦柘榴梅菊文皿5客
<商品説明>
サイズ名称 口径 高台径 高さ 長さ
  8 cm 2.8 cm   14 cm  
状態は大変良いです。

※検索一覧と詳細ページにおいて、色の見え方が異なることがございます。
お進み頂いた詳細ページの商品の色が、より実物に近い色でございます。予めご理解ください。
タグ
産地・種類 有田焼
作家・窯元 酒井田柿右衛門
人間国宝 【陶芸】酒井田柿右衛門

詳細
状態 非常によい
素材 磁器
有田焼(ありたやき)  佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器。  17世紀初頭、朝鮮人陶工・李参平らにより泉山で陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれた。当時伊万里港から輸出されていたので「伊万里焼(いまりやき)」とも呼ばれる。江戸後期に日本各地で磁器が作られるようになるまで、有田は唯一の磁器生産地であった。  透き通るような白磁に藍色や赤・黄・金など鮮やかな色で描かれた繊細で華やかな絵付が特徴。薄くて軽いガラスのような滑らかな質感を持ち、耐久性に優れ吸収性がないので食器に最適。17世紀後半から18世紀後半にかけて、ヨーロッパを主とした海外へも多く出荷されるようになった。   1977年、経済産業大臣指定伝統工芸品に指定された。