English  簡体字  繁体字  繁体字  Français  English  

小川長楽造 黒楽茶碗

小川長楽造 黒楽茶碗 SALE!!
 タグ 
商品番号:3142903
価格:  12月01日~12月15日まで 30%OFF
133,000円
(税込 143,640円)

190,000円
(税込 205,200円)
残り数量: 1


詳細写真(画像にカーソルをあわせていただくと拡大画面の写真が切り替わります)


国内発送の方はこちらから!(下のリンクを使ってください)

閉じる
  小川長楽造 黒楽茶碗
<商品説明>
サイズ名称 口径 高台径 高さ 長さ
11.4 cm 5 cm 8.4 cm      
状態は大変良いです。

※検索一覧と詳細ページにおいて、色の見え方が異なることがございます。
お進み頂いた詳細ページの商品の色が、より実物に近い色でございます。予めご理解ください。
タグ
産地・種類 楽焼
作家・窯元 小川長楽

詳細
状態 非常によい
素材 陶器
楽焼(らくやき)  日本の陶器の一種。天正(1573~1592)初期に樂家初代長次郎が創始した軟陶。樂焼の技術のルーツは中国明時代の三彩陶で、長次郎の父にあたる唐人・阿米也が中国から三彩陶の技法を伝えた人物といわれる。手捏(てづく)ねで成形して比較的低い火度で焼成して作られる。釉薬により、赤楽・黒楽・白楽などがある。楽家二代常慶が豊臣秀吉より「楽」の印を賜り、家号を楽とした。  「一楽二萩三唐津」とも呼ばれ、千利休らの茶人の嗜好を反映した茶陶の名器として知られる。

●初代長楽 1874~1939  名は大治郎、小川左右馬法眼源正幸の次男。  明治十九年(1886)樂吉左衛門十一代慶入に師事し、明治三十七年(1904)十二代弘入の命を受け独立し、京都五条坂に長楽窯を築窯した。  明治三十九年(1906)建仁寺派四世竹田黙雷より長楽、表千家十三代圓能斎より長友軒の号を授かる。  慶入、弘入の写し物を得意とする。 ●二代長楽 1912~1991  初代長楽の長男で名は幸一。  昭和十四年(1939)に二代目を襲名し、翌年建仁寺派五世竹田穎川より景雲の号を授かる。  昭和十八年(1943)芸術保存作家の指定を受けた。 ●三代長楽 1947~  二代長楽の長男、名は幸雄。  昭和四十一年(1966)京都府立鴨沂高等学校卒業後家業に従事し裕起夫の名で創作活動を始めた。  昭和五十九年(1984)通産大臣賞を受賞、平成四年醍醐寺座主・麻生文雄より「松風軒」の号を授かり三代目を襲名